カナダグースのダウンクリーニングはお任せ!~北陸クリーニング工場(新潟県柏崎市)~

カナダグースのダウンクリーニングは当店(北陸クリーニング工場:新潟県柏崎市)へお任せください!

 

ダウンは定期的に洗ってくださいね!

①実は中の羽毛結構汚れてます

知らず知らずのうちに湿気が溜まり、羽毛のボリュームが減っています。

水で洗ってあげることで汚い湿気を取り除き、暖かさがよみがえります!

②汚れが変色を引き起こす

冬の間着込んだダウンは襟袖中心に意外と汚れています。

あまり汚れていないからいっか~といって、1年洗わないと、その間に皮脂汚れが酸化を起こしてしまいます。

変色を起こしているとシミ抜きやクリーニングをしても元に戻らないケースが多いです。

汚れがひどい場合、お高いダウンなどは、やはり1シーズン毎に出しましょう!

 

こちらにももっと詳しく書いてあります~※後半の方♪

また事例は※モンクレールブランドを中心に書いてあります。

クリーニング師オススメ♪暖かいダウンは?~北陸クリーニング工場:柏崎市~

◆カナダグースは高級品かつ、デリケート

カナダグースはこんなスタイリッシュなダウンが多いですね~

 

 

カナダグースはこのマークが特徴的!

 

 

カナダグース、高級品のため、実はコピー品(偽者)も多いのでフリマサイトなどで買うのは控えましょう!

本物と証明するシール(シリアルナンバーが記載されていますが、赤線で隠させてもらってます。)

 

 

中の羽毛の品質を保証するタグ

カナダを筆頭に北欧は年間通して寒いため、グース(ガチョウ)の毛質がいいとされています。

例えばアフリカなど赤道近くに住む人や、方やアラスカなどの極寒地域に住む人、方や日本人、それぞれ体質が違うようなもの。

なので比較的寒い地域のグース(ガチョウ)の毛が高品質とされています。

育て方や他にどんな種類の羽毛を混ぜるか、などの問題もあるので、それだけがすべてではございませんが。

 

 

洗濯表示

水で洗ってはいけません!って表示です。

・理由は襟周りの毛皮は水NG

・水で洗うと、ふっくら戻らなくなる可能性があるから

ただ、優良な腕をもつクリーニング店のほとんどは(一部の水であらない特殊なダウン以外は)水で洗っています。

・理由は水洗いじゃないとダウンの中の羽毛の汚れが落ないため。

・ふっくら仕上げる技術を持っている

なので、ダウンを出すクリーニング店は、ちゃんと選びましょうね!

 

 

下の画像は一度水洗いした後のカナダグースダウンの裏側

自然乾燥した状態 

  全然ふっくらしてませんね(-_-;)

に対して

 

独自のふっくら仕上げ後の状態

カナダグースっぽくなりました!!

 

 

◆ダウンクリーニングで北陸クリーニング工場(柏崎市)が選ばれている2つの理由

①汚れ落ち抜群! スッキリ水洗い+一般シミ抜き無料!

当店(北陸クリーニング工場:柏崎市)はどんな品物も洗いによる汚れ落ちの良さにこだわりを持ってます。

 

1年洗ってない、2年洗ってない、なんてダウンもよく出ます。

そうするとやはり上のように襟や袖がまっ茶茶です。

水洗い品の場合、前処理(事前に汚れが強い部分には洗剤を散布する工程)の一手間をかけることで、無料の範囲で普通に洗うより汚れ落ちをよくすることができます。

 

 

また、ダウンは中の羽毛が結構汚れているんです。

~漬けおき洗浄後の水~

ダウンの中身、羽毛って実は結構汚れてる!こわいでしょ笑

主に汗や皮脂などの汚れですので、水で洗ってあげる事で、きれいに汚れを落とす事ができます。

もちろん水で洗いますので、羽毛は一旦はぺちゃんこになりますが、クリーニング工場ならではの技で、ふっくら仕上げる事が可能です。

水洗い後、ぺちゃんこだったのが、ふっくらよみがえります♪

   水洗い後   ふっくら仕上げ後

※事例:モンクレールダウン

 

 

モンクレールやカナダグースなど高級でデリケートなダウンは通常料金でのクリーニングはオススメしません。

②デリケート洗いのデラックスコース(有料オプションメニュー)

をオススメします。

経年劣化をなるべく進ませない事が目的

■ソフトな揉み洗い~漬けおき洗いで、汚れをスッキリ!

■自然乾燥で、ダメージを最小限に!

■専用の洗濯保護ネットを使い、ほつれ、スレを最小限に!

機械ドラムでガシガシ洗うと、経年結果とともに、少なからずキルティングのほつれや、チャック部分の塗料はげ、なんかが起こってしまいます。

特にモンクレールやカナダグースはデリケートだなって感じます。

 

※モンクレールの場合

裏側のアニメタグは結構劣化が進んでいるものが多く、ほつれが出やすい部分のひとつ。

※カナダグースの場合

もちろん裏側のキルティングのほつれの進行を遅らすため

また下のシールのハゲを防ぐため

本物と証明するタグです。シリアルナンバーが記載されているため、念のため隠させてもらってます。

 

 

機械力を強くかけない、ソフトな洗いをさせて頂きます。

漬け置き(しばらく洗剤水に浸しておく事で汚れをよく落とすクリーニング方法)をすることで汚れもさっぱり落とします。

漬けおき前、漬けおき後の水

かなり汗や皮脂などの汚れを吸っていた事がわかります。。

 

 

また乾燥は工程の大部分を自然乾燥で行う事で機械力による摩擦やダメージを減らします。

最後のふっくら仕上げる工程でのみ、ドラム乾燥器を使いますが、その際も専用の洗濯保護ネットを使用しダメージを最小限に抑えながらふっくら仕上げます。

クリーニング工場(新潟県柏崎市)だからこそ出来る、ふっくら仕上げるマル秘技術も活用しふっくらに♪

 

 【ふっくら事例】

クリーニング前   クリーニング後

※モンクレールダウンの事例

これはクリーニング前とクリーニング後の違いですよ!

クリーニング前では着ていた時の汗などの湿気で中の羽毛が重くちっちゃくなってしまっています。

なので羽毛が空気を含む量が少なくなり、知らず知らずのうちに寒いダウンになっちゃってるんですね。

カナダグース ダウン お尻の汚れのしみ抜き
カナダグース ダウン クリーニング

お尻の部分はよく座るため汚れやすい部分です。かつ自分では見えないため本人も気づいていないってことがよくある部分の汚れです!

 カナダグース ダウン フードの汚れのしみ抜き&クリーニング

カナダグース ダウン クリーニング

フード部分の汚れのしみ抜きです!

 カナダグース ダウン 袖口の油汚れのしみ抜き&クリーニング
カナダグース ダウン クリーニング

袖口も汚れやすい部分です。油系の汚れでした。

カナダグース ダウン 前身頃のしみ抜き&クリーニング

カナダグース ダウン クリーニング

前身頃は食べこぼしや飲みこぼしの汚れが固着しています。汚れやすい部分ですね。

 

~ご注意~

ただ、デラックスコースにおいても経年劣化は完全には防げません。あくまでダメージを最小限に減らすという目的です。

よって、

・キルティング、アニメタグなどのほつれ

・生地自体のの摩耗、破け

・装飾品やプラスチック部分の割れ、欠け

・チャックなどの塗料はげ、スレ

などを完全に防げる訳ではございませんので、ご了承ください。

 

【料金の目安・ご依頼の流れはこちらから♪♪】

柏崎市じゃないよ!遠くだよ!って方も郵送でクリーニング可能です。

まずは右上お問い合わせ欄(メール・LINE@)もしくは上のリンクよりお問い合わせお願いいたします(^^)

 

その他シミ抜きも得意です!お気軽にお問い合わせください(^^)

新潟県柏崎市のシミ抜きはお任せ!(全国からのご依頼OKです!)

 

友だち追加

友達追加しなくてもお問い合わせが可能です♪【LINE】

【LINEからQR読み取り】⇒【トーク】を選択 ⇒ 写真や状況をLINEにて送ってください。

※時間が空いた時、随時対応させて頂きます。

 

★その他一般衣類のシミ抜きもお任せください!全国からお問い合わせいただいてます(^^)★

柏崎市内はもちろん、長岡、上越、新潟からもご来店頂いてます~

シミ抜きの問題解決お任せ下さい!【北陸クリーニング工場シミ抜きへのこだわり】

logo北陸クリーニング工場2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL