クリーニング師オススメ♪暖かいダウンは?~北陸クリーニング工場:柏崎市~

突然ですが、こんな事ありませんか? 

・去年12月の忘年会に参加する道中、大雪、大吹雪で寒くて冷たくて「行きたくねーよー」って。

・待ちに待ったクリスマス、彼氏彼女にオシャレに見せようと張り切ったものの、寒くて風邪ひいちゃった。

・年も明けて、初詣。出店でお酒を飲んでいるんだけど、ちゃんとダウンも着込んでるんだけど、こんなに寒かったかなーうーブルブルΣ(゚д゚lll)

 

僕もよくあるんです。

冬の宴会、近所の飲み屋さんに行くまでに、徒歩10分くらい。

寒い寒いゆってやっと到着。何度か心折れそうになりますからね。。笑

 

そんな時、暖かいダウンがあれば最高ですね!

暖かいダウンきてれば、早く居酒屋ついて、早く飲みたいなーなんてテンションもあがりますから(^^)

 

そして、クリーニング店には毎年数多くのダウンが集まり、クリーニングされるわけですが、

今年も冬到来という事で、【クリーニング師がオススメする暖かいダウン】【ダウンを選ぶ際の豆知識】

そんな情報をお伝えしようと思います。

 

【クリーニング師が勝手にオススメする暖かいダウン】(勝手に・・・笑)

よくお預かりするダウンの中で、これいいな~って勝手に思った暖かいダウンを紹介します。笑

 

まずは王道!

★モンクレール

 

 

 

言わずと知れた最高級ダウン!名前だけでなく、やはり中のダウンも高品質。

なぜ最高級なダウンなのか

なんと言っても保温性が抜群♪

最高品質のホワイトグースを使用しており、キャトルフロコンマーク(フランスの規格協会が認めたもの)を取得された厳選されたダウンしか使えない。

具体的には、軽くて密度が高い。

つまり、ダウンの質が良いのはもちろんですが、他と同じ量のダウンでも、とてもふっくらしているため、空気を抱える量が多い。

だからとても暖かい!

モンクレールのダウンの特徴って、キルティングされている部分がものすごいふっくらしているんですよ。

これでもか!てくらいふっくらしている。そんなイメージないですか??

 

 

雨雪が多い地域にオススメ!

★カナダグース

 

北欧などの極寒地、エベレストなどで活動する人向けに提供してきた背景があるためとても暖かい!

もちろん中のダウンも高品質なダウンを使用。

またポケットなどの収納が多かったり、ファー毛皮のファーを使用したフードがついたものも多かったり、ジャケットもあるがコート調も多い。

よって吹雪など雨雪の多い地域向きだな~って気がします。

スタイリッシュなダウンコートも多いため、街でおしゃれに着こなしたい人にもオススメのダウンブランドだなって思います。

 

アウトドアの代表

★ホグロフス

 

 

ヨーロッパを代表するハイパフォーマンスブランド。

主にアウトドア向けに活用されています。

着てみると、やはりアウトドア向けだなって思うくらい、保温性は抜群で暖かい!

モンクレールなどに比較するとやはり少し重いな、といったのが印象ですが雨風対策は抜群。

袖口が小さくすぼめられていたり、フードもすぼめらるものも多く、水の浸入を最小限に防ぐ仕組みが豊富です。

小さく丸める事もできるので、リュックに入れてアウトドアに持っていくなど、活動の幅が広がります。

また上の2ブランドに比べ料金もお安めなので、コスパも良いでかなと(^^)

 

 

 

必ずしも暖かいダウンは有名ブランド!とは限らない

【こんなダウンを選べ】

ダウンにしからず、洋服を買う時って、デザインとサイズ、あとは価格くらいで選んでいませんか?

ダウンを買う際は、ぜひダウンの裏側の表示を見てみましょう。

洗濯表示(取り扱い表示)【ダウン】【フェザー】の混合率が書かれていますが・・

 

【結論】

ダウン割合が高いものがオススメ!

ダウン割合が高いもの程高級品とされる傾向にある。

 

なぜか?

両方水鳥の羽根を使っているのですが、それそれ特性が違うんです。

人間でいうと、例えば、髪の毛とすね毛って違いますよね?

両方、体を守る役目に越したことないのですが、例えば、すね毛が髪の毛みたいに10センチ20センチも生える人は稀でしょう。

水鳥も部位によって毛質が違うんです。

 

では、ダウンとフェザーの簡単な説明です。

フェザー:羽根一本それ自体の事を指す。

イメージとしては、道に落ちてるカラスなどの羽根。

先っぽに骨のような、枝のような、細長い軸がありますよね?あれ一本の事をさします。

大きいものはラージフェザー、小さいものはスモールフェザーと言い、もちろん、スモールフェザーの方が軸も柔らかいのは想像しやすいですよね。

特性:

◎弾力性がある

×通気性がある

 

ダウン:水鳥の胸にはえた毛の事、羽根の軸がないふわっとした羽根を指す

イメージとして、鳥のダウンとしては見慣れないかもしれませんが、綿あめや、たんぽぽの綿毛、脱脂綿のような、ふわっとした毛の事。

特性:

◎保温性に優れ、重なりあうことで多くの空気を抱き込める

×弾力性がないため、ダウンのみだと型崩れがおきやすい

 

それぞれに良い点と悪い点ありますが、ダウンとフェザー組み合わせる形で、暖かいダウンとされる保温性と弾力性を兼ね備えている。

というのが、ダウンにおける、混合率のお話でした。

 

 

~クリーニング師の目線~

触るとだいたい、良いダウンかそうじゃないか、わかります。

良いダウンはふくらみが多い、にぎるとクシャっとなる、フェザーの混合率が少ないため、羽根の軸がさわってもわかりずらい。

あまりよくないダウンは、ふくらみが少なく、フェザーの混合率も多い(スモールフェザー、ラージフェザーの区別もあり、ラージの方が軸も太い)ため、触ると羽根の軸がわかります。

 

ダウンを購入する際は、取り扱い表示を見て購入するだけでも、おもしろいかもしれませんね(^^)

 

 

でも、ちょっと待った!!

ダウンは洗うと暖かく蘇る♪

今のダウンの寒さの原因は、必ずしもダウンの質だけではありません。

あなたのダウン、洗うと暖かくなります!

 

新しいダウンも良いですね、でも良いダウンを買えば、一気に数万円は飛んでいっちゃいます・・

モンクレールなんて10万円以上・・Σ(゚д゚lll)

 

たった数千円のクリーニング代であなたのダウンが暖かく蘇ったらなんととってもコスパが良いですね!

【暖かいダウン】とは、たったこれだけ、【クリーニングする事】だったんですね!

 

なぜクリーニングでダウンが暖かくなるのか?

人間の皮膚表面から汗や熱気が放出され、ダウンの中の羽根が水分を含んでいってしまいます。

常温ではその湿気が乾く事もないため、1年2年と経つうち、どんどん湿気が溜まっていってしまいます。

そんなぺちゃんこになったダウンは空気を含むスペースも少なくなっているので、あったかくないんです。。

左は1年クリーニングしていないモンクレールダウン

右はクリーニング後のモンクレールダウン

ダウンの膨らみ具合、一目瞭然ですね??

 クリーニング前   クリーニング後

 

ですから、汗のしみこんだダウン内の羽根をクリーニング(水洗い)で取り除いてあげ、乾燥し直して上げることで、また元のふっくらとしてダウンがよみがえる、という訳です。

 

東京の友人があったハプニング

じゃあどこでもいいから、すぐクリーニング!と思ったら大間違い!

実は東京の友人からこんな相談を受けました。

モンクレールのダウンをクリーニングしたら、「汚れも落ちず、縮んで返ってきた!」

と言うんです。(※もちろんクリーニング店名は伏せますが)

まあ元には戻せないですよね。縫い師じゃありませんから。

 

実はダウンって結構事故が起こりやすいんです。

ダウンって長い間使う方が多いんですよね。平気で10年使ってるって方も多いくらい。

ということは、10年使って、劣化してきてるものを、ガシガシ洗ったらどうなるか、

そりゃ、キルティングがほつれたり、周りの生地が薄くなりダウンの羽根が飛び出てきたり。。

また高温で長時間のタンブラー乾燥をすれば、生地へのダメージも相当。結果、キルティングの糸が縮んでしまったり、ほつれてしまったり。色んな弊害が出てきてしまいます。

見れば、だいたい古いものか新しいものかは見当はつきますが、正直ダメージの蓄積まではわかりません。

ですから、高級なダウンであればあるほど、慎重にデリケートに扱わないといけません。

 

 

 

ダウンって毎年クリーニング出してますか?

毎年出した方がいいのに決まってます!

なぜなら、羽毛が湿気を吸って、保温性を失っちゃうから。上にも書きましたね。

また1年洗わないって事は、すぐ洗えば落ちる汚れが1年11ヶ月くらいかけて酸化してしまうんです。

するとどうなるか、特に襟元や袖口など汚れがひどいところを中心に変色してしまうんです。

そーいえば私のダウン、襟元が変色してる!」なんて心当たりのある方も多いんじゃないでしょうか?

(目立たないレベルで再染色し直しするクリーニング店もありますが)一度変色してしまったものを全く同じ色に戻すことは不可能です。

こんな感じで放置しておくと要注意ですよ!

 

 

とはいえ、

冬物って、クリーニング代もYシャツなどに比べたら結構するので、「今年はいっかー」って方も多いのが現状。

でもそれが、逆に変色を進行させてしまう。

なので特に高級なお品物、お気に入りのお品物は、毎年一回クリーニングで汚れを落として上げることが必要なんです。

 

◆ダウンクリーニングで北陸クリーニング工場(柏崎市)が選ばれている2つの理由

①汚れ落ち抜群! スッキリ水洗い+一般シミ抜き無料!

1年洗ってない、2年洗ってない、なんてダウンもよく出ます。そうするとやはり上のように襟や袖がまっ茶茶です。

水洗い品の場合、前処理(事前に汚れが強い部分には洗剤を散布する工程)の一手間をかけることで、無料の範囲で普通に洗うより汚れ落ちをよくすることができます。

 

 

また、ダウンは中の羽毛が結構汚れているんです。

~漬けおき洗浄後の水~

実はダウンの中身、羽毛は結構汚れてる!こわいでしょ笑

主に汗や皮脂などの汚れですので、水で洗ってあげる事で、きれいに汚れを落とす事ができます。

もちろん水で洗いますので、羽毛は一旦はぺちゃんこになりますが、クリーニング工場ならではの技で、ふっくら仕上げる事が可能です。

水洗い後、ぺちゃんこだったのが、ふっくらよみがえります♪

   水洗い後   ふっくら仕上げ後

 

 

②経年劣化をなるべく進ませない!デリケート洗いのデラックスコース(オプションメニュー)

■ソフトな揉み洗い~漬けおき洗いで、汚れをスッキリ!

■自然乾燥で、ダメージを最小限に!

■専用の洗濯保護ネットを使い、ほつれ、スレを最小限に!

機械ドラムでガシガシ洗うと、経年結果とともに、少なからずキルティングのほつれや、チャック部分の塗料はげ、なんかが起こってしまいます。

特にモンクレールはデリケートだなって感じます。

特に裏側のアニメタグは結構劣化が進んでいるものが多く、ほつれが出やすい部分のひとつ。

↑こーいったダウンをよく目にします。

機械力を強くかけない、ソフトな洗いをさせて頂きます。

ただ、漬け置き(しばらく洗剤水に浸しておく事で汚れをよく落とすクリーニング方法)をすることで汚れもさっぱり落とします。

漬けおき前、漬けおき後の水

かなり汗や皮脂などの汚れを吸っていた事がわかります。。

 

 

また乾燥は工程の大部分を自然乾燥で行う事で機械力による摩擦やダメージを減らします。

最後のふっくら仕上げる工程でのみ、ドラム乾燥器を使いますが、その際も専用の洗濯保護ネットを使用しダメージを最小限に抑えながらふっくら仕上げます。

クリーニング工場だからこそ出来る、ふっくら仕上げるマル秘技術も活用しふっくらに♪

 

 

 クリーニング前   クリーニング後

~ご注意~

ただ、デラックスコースにおいても経年劣化は完全には防げません。あくまでダメージを最小限に減らすという目的です。

よって、

・キルティング、アニメタグなどのほつれ

・生地自体のの摩耗、破け

・装飾品やプラスチック部分の割れ、欠け

・チャックなどの塗料はげ、スレ

などを完全に防げる訳ではございませんので、ご了承ください。

 

★モンクレールクリーニング事例

 

   ビフォー   アフター

こんなにふっくら蘇りました♪

 モンクレールダウンコートペンキのシミ抜き

きれいに落ちました(^^)

 

   水洗い後   ふっくら仕上げ後

モンクレールダウンベスト

ぜひ柏崎市民の方々、当店(北陸クリーニング工場:柏崎市)までお持ちください(^^)

柏崎市じゃないよ!遠くだよ!って方も郵送でクリーニング可能です。

★その他一般衣類のシミ抜きもお任せください!全国からお問い合わせいただいてます(^^)★

柏崎市内はもちろん、長岡、上越、新潟からもご来店頂いてます~

シミ抜きの問題解決お任せ下さい!【北陸クリーニング工場シミ抜きへのこだわり】

logo北陸クリーニング工場2

下↓右上のお問い合わせ欄よりお問い合わせお願いいたします(^^)

 

 

カナダグースのダウンクリーニングもお任せ下さい♪

カナダグースのダウンクリーニングはお任せ!~北陸クリーニング工場(新潟県柏崎市)~

 

その他シミ抜きも得意です!お気軽にお問い合わせください(^^)

 

友だち追加

友達追加しなくてもお問い合わせが可能です♪【LINE】

【LINEからQR読み取り】⇒【トーク】を選択 ⇒ 写真や状況をLINEにて送ってください。

※時間が空いた時、随時対応させて頂きます。

 

 

 

★その他一般衣類のシミ抜きもお任せください!全国からお問い合わせいただいてます(^^)★

柏崎市内はもちろん、長岡、上越、新潟からもご来店頂いてます~

シミ抜きの問題解決お任せ下さい!【北陸クリーニング工場シミ抜きへのこだわり】

logo北陸クリーニング工場2

クリーニング師オススメ♪暖かいダウンは?~北陸クリーニング工場:柏崎市~ への9件のコメント

  1. ピンバック : シミ抜き事例byインスタグラム【モンクレールスニーカーのシミ抜き&クリーニング&色修正】 | 柏崎市のシミ抜きはお任せ!北陸クリーニング工場

  2. ピンバック : ダウンジャケットの袖口汚れのシミ抜き | 柏崎市のシミ抜きはお任せ!北陸クリーニング工場

  3. ピンバック : シミ抜き事例byインスタグラム【モンクレールのダウンベストの襟汚れのシミ抜き】 | 柏崎市のシミ抜きはお任せ!北陸クリーニング工場

  4. ピンバック : シミ抜き事例byインスタグラム【ウエストライドレーシングダウンのクリーニング&革の色修正】 | 柏崎市のシミ抜きはお任せ!北陸クリーニング工場

  5. ピンバック : シミ抜き事例byインスタグラム【ダウンジャケットクリーニング&撥水加工(北陸クリーニング工場:新潟県柏崎市)】 | 柏崎市のシミ抜きはお任せ!北陸クリーニング工場

  6. ピンバック : シミ抜き事例byインスタグラム【ダウンコートの襟汚れファンデーションのシミ抜き】 | 柏崎市のシミ抜きはお任せ!北陸クリーニング工場

  7. ピンバック : シミ抜き事例byインスタグラム【ダウンジャケットのインクのシミ抜き】 | 柏崎市のシミ抜きはお任せ!北陸クリーニング工場

  8. ピンバック : シミ抜き事例byインスタグラム【ダウンベスト(ユニクロ:uniqlo)のペンキのシミ抜き】 | 柏崎市のシミ抜きはお任せ!北陸クリーニング工場

  9. ピンバック : シミ抜き事例byインスタグラム【モンクレール(moncler)のダウンジャケットがふっくら蘇りました!】 | 柏崎市のシミ抜きはお任せ!北陸クリーニング工場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL